忍者ブログ
はち密
いっちょまえにテンプレートだけはDschinghis Khanでも 内容はほとんどDschinghis Khanとは関係ない Dschinghis Khanファンのしらさんのブログ。
≪ back | 2017.08 | next ≫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




最近、相方実家に行ってる時の事。
義母が外出中に電話がかかってくる。
おいらが電話に出る。

相手 「(苗字)様のお宅ですか?」
おいら「はい」
相手 「先日通信販売をご利用いただいた(社名)ですが、この度~」

と、おいらを義母だと思い込んでか、どんどん話を進めやがる。
普通さ、「(名前)様でいらっしゃいますか?」とかさ~
相手がいくら一人暮らしとわかっていようとも、
テレアポなら確認するだろ普通ヽ(`Д´)ノ
こんな電話が立て続けに何本もかかってきて、
思わず説教してやりたくなったしらさんです。
あんた達、テレアポ失格ですm9( ゚Д゚)


さて、今回も上海旅行記だよいってみよ~(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!


☆ 前回までのあらすじ ☆

北京ダックの写真を撮ってなくて後悔してます。


☆ 登場人物(蘇州編) ☆

しらさん=おいら。
相方=しらさん宅の役立たずな旦那。
カクさん=今回同行してくれた通訳さん。ガイドさんじゃないw
運転手さん=蘇州日帰り旅中、移動でお世話になった運転手さん。
知り合いD=相方の親戚の知り合い。
        今回の蘇州日帰り旅を手配してくれた中国在住の日本人。


~3日目の朝~

3日目の朝は早かった。
7時に蘇州行きの車が迎えに来てくれる予定だったので、
6時から朝食へと向かう。


~相方の使えない英会話~

しかし、朝食が何時からやっているのか、確認してないおいら達w
ま、6時だったら大丈夫だろう・・・と行ってみるが、
一番乗りだったのか、誰もいなくて、入っていいのか戸惑う。
てか、ホテルの人が見当たらない?
とキョロキョロしてたら、やっと一人通りがかった。
すかさず相方が英語で尋ねる・・・
が、どうやら回りくどいのか単純に通じてないのかw
てかこいつ(相方の事ねw)、普段は英語苦手なおいらをバカにするクセに、
薄々気付いてたけど、やっぱり全然役立たずじゃねぇか(ΦωΦ)ブブッ

てか、「アイム ハングリー」とか言って、
ホテルの人に「だから何?」て顔されてるしヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
そろそろじれったいし、時間も無駄なので、
おいらがテーブルを指差し「OK?」の一言で、
ようやくテーブルへ案内してもらったw


~朝の恒例行事~

-Round 2.しらさんvsワッフル職人(だからワッフル職人では無いw)-

 おいら:前日に引き続きワッフル希望なので一言「ワッフル」
 ワッフル職人:目玉焼きを焼きつつ一言「 five minutes 」
 おいら:「ふふ・・・わかってるぜ( ̄ー ̄)bグッ!」
      と心で呟き、他を物色。

 - 5分後 -

 ワッフル職人:ワッフルを焼き上げる。
 おいら:お皿を差し出す。
 ワッフル職人:「そんなにワッフル好きなら、丸ごと持ってけや」
         と言わんばかりに丸ごと皿に乗せる。
 おいら:「Σ(- -ノ)ノ エェ!?一切れか二切れでいいのに・・・(;  ̄Д ̄)」
     と思いつつ、丸ごとGETw

そんな感じでバトって席に戻ると、
“five minutes”の間に席にキープしてたおかゆが
さげられてしまってた・・・食べ残しじゃないんだよぅ(;´д`)トホホ


~相方のとっても使えない英会話~

約束の7時にホテルのロビーへ。
んー・・・まだかな?と、ちょっとホテルの外も見に行ってみる。
ドアボーイが「TAXI?」と聞いてくるが、
「予約してます」ととっさに言えずにもたもたしてると、
勝手にタクシーを呼びに行っちゃったよw

ここでまた、相方のとっても使えない英会話が始まるwww
なんだかわからないんだけどさ、
たぶん「タクシー、予約してる」とでも言った後、
「エー・アイ・ケー・エー・ティー・エー、AIKATA!(実際には本名で)」と、
必死にドアボーイに予約名を言ってるよ_(T▽T)ノ彡☆ばんばん!
ドアボーイに言っても仕方ないやんwwwww
こいつ、どうしてこうバカなんだろう(ノ∇≦、)ノ彡☆バンバンッ!!

おいら、旅行ガイドブックの使える中国語で「予約してます」を見つけて、
そこを指差しドアボーイに見せる。すぐに解決したw


~蘇州からのお出迎え~

7時を15分ほど過ぎただろうか。
しらさんご一行様(実際には本名で)と書いた紙を持った運転手さんは、
なかなか現れない。
相方が今回の蘇州行きを手配してくれた知り合いDに電話をかける。
話を聞いてみると、道が混んでて遅れているらしい。
そして、運転手さんが前もって聞いていた人と変更になっていたらしい。
で、車のナンバーと運転手さんの名前を聞いて、
到着するのを待つ事さらに15分。

約束の時間を30分は過ぎたであろう頃に、
ようやく蘇州からのお出迎えが到着した。


~あいにくの雨~

運転手さんと無事に合流でき、しらさんご一行様は車にて蘇州に移動。
外はあいにくの雨模様。
車は猛スピードで蘇州へと向かう。
途中、何度か車同士が当たったらしい現場を見かけた・・・
移動中、寝ていたかったけど、どうも安心して寝てられないw
ただでさえ、交通ルールがあって無いような所だし、
雨だと余計に危なっかしい・・・( ̄ー ̄; ヒヤリ


~現れない通訳さん~

車に揺られる事約2時間。
どうやら蘇州に入ったらしい。
最初に行きたいと希望していた拙政園(セッセイエン)に到着。
知り合いD曰く、タクシー会社と通訳会社で、
直接話してくれてるとの事だったので、
おいら達はただ通訳さんを待つのみだ・・・と思ってた。

しかし、時間ばかりが過ぎ、なかなか通訳さんは現れない。
おかしいと思い、知り合いDに前もって聞いていた
通訳さんのケータイに電話をかけてみた。
出たのはワンさん。知り合いDから聞いていた人だ。
しかし、話してみると、どうやら今日の通訳さんが、
急遽変更になっていたらしい・・・またかよ(-。-;)


~予定変更~

で、ワンさんに聞いた、今日来る予定の通訳さんに電話をかけてみた。
カクさんと言う通訳さんが出て、今どこにいるかと尋ねたら、
まだ自宅との事・・・・・・・>┼○ バタッ
「今から急いで向かいます」と電話を切った後、
相方は知り合いDに電話した。

知り合いD曰く、通訳さんの自宅から拙政園まで距離があるので、
待ち合わせにもまだ時間がかかるだろうから、
まずは寒山寺(カンザンジ)に行った方がいいのでは?との事だ。

なんですかね。
中国のこういった感じ?おいらもう慣れちゃったよw


~ようやく・・・~

通訳のカクさんと合流。
来る途中で、乗ってたタクシーが軽い接触事故にあったらしいw
雨の中、大変だったねぇ(´ー`)

そして車は寒山寺へ到着。


~寒山寺~

唐時代の詩人・張継の詠んだ『楓橋夜泊』の舞台らしく、
この詩を彫った石が飾ってあった。
と言っても、その詩をよく知らないしらさんご一行様なのでしたw
※『楓橋夜泊』については こちらを参照してください。

後でガイドブック見て知ったけど、
1回つくと、10年若返ると言い伝えのある鐘があったらしい・・・
気付いたのは、寒山寺を出た後でした・・・若返りたかったよorz


↑普明宝塔。高さ約42㍍の五重塔。塔に上れます。


~虎丘~

寒山寺を出て、次に向かったのは虎丘(コキュウ)。
蘇州に来たら、虎丘に行かないと損ですよ~
みたいな話があるらしいw(曖昧でスマソ)
ここは丘というだけあって、緩やかな坂道を雲岩寺塔を目指して上っていく。
途中にも色々と見所があるので、坂道続きでもゼィゼィ言わずにすみますw

いよいよ東洋のピサの斜塔、雲岩寺塔に到着。
八角七層の中国最古のレンガ塔らしい。
以前は塔に上る事ができたらしいけど、今は禁止されてました。


↑雲岩寺塔。これでは傾いてるのがわかりにくいね^^;


↑虎丘の敷地外は、こんな感じで水に囲まれている。船にも乗れるみたい。


~拙政園~

虎丘を出て、いよいよ蘇州で最初に行く予定だった拙政園へ。
ここは中国三大だか四大庭園の一つらしい。(また曖昧w)

今は、丁度お花の時期じゃないのが残念だったけど、
中は広く、角度が変わるだけで違った色んな風景が楽しめる。
水蓮の時期に行くと、さぞ美しい風景が見れるだろうな~


↑こんな感じで、どこから見ても綺麗な庭園が広がる。


~獅子林~

次に向かったのは、拙政園からすぐの所にある獅子林(シシリン)。
ここは太湖石の庭園らしいく、正直興味が無い^^;

で、どんなものかと思って入ってみると・・・・・
Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!太湖石の迷路だよ!!
太湖石のトンネルを潜り、太湖石の階段を上って下りて・・・
途中で迷子になってる人がいて「( ̄m ̄〃)ぷぷっ!」と笑っていたら、
しらさんご一行様も気が付いたら、
見事に迷子になっちゃってるしヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
けっきょく最後は、太湖石を無理矢理乗り越えて、脱出しましたw


↑ただ太湖石が積んであるようだが、中に入ると迷路のよう。


~肯徳基~

朝食をたくさん食べていたけど、さすがにお腹が空いてきたw
ここで軽く食事を摂る事にした、しらさんご一行様。
カクさんが連れて行ってくれたのは、観前街。

ここも日本人観光客に対しての客引きがすごいw
おいらのとこに来ても「ノー!」の一言で引き下がるのに、
相方にはすごくしつこい客引きwww
てか、おいらは中国に馴染んでるのか?w
それとも、相方はカモだと思われてるのか?ww

それはおいといてw
カクさんに簡単に食べられる、麦当労とか肯徳基をリクエストすると、
中国にいる日本人は、麦当労より肯徳基の方が美味しいと言うので・・・
と、肯徳基で軽く食事を摂りました。

※ここでクイズ。『麦当労』と『肯徳基』は、何の意味でしょうw
 答えは旅行記④の最後にてw



~北寺塔~

食後、少しお土産を見てみたけど、
どれもピンとこなかったので、次の観光先・北寺塔(ホクジトウ)へ。

ここは孫権が母親のために建てたらしい所で、
三国志好きな相方も、さすがに興味があるようだ。

中に入ると、八角九層の塔がそびえ立つ。
ここは塔に上れるらしいので、早速上ってみる事にした。
わかっているけど、最上階までずっと階段で上る。
ゼィゼィ言いながら、必死で最上階を目指す。 ←体力無さ過ぎw
頑張って頑張って到着した最上階からの眺めは、なかなかのものでした。


↑塔の前に鎮座している布袋尊。けっこうデカイw


↑布袋尊を後ろから・・・首のシワがいい感じw


↑これが孫権が建てたらしい塔。高さ76㍍あるらしい。


↑塔の最上階からの眺め。

北寺塔を一通り見終わる頃、時間は17時頃になっていた。
この後、友人A夫妻&友人C夫妻との晩餐が待っているので、
しらさんご一行様の蘇州日帰り旅は、ここで終わりを迎えた。


しらさんご一行様 上海(蘇州)3泊4日の旅④』へつづく・・・
PR



Comment
Name
Subject
TextColor
Mail
URL
Comment
Password
Permalink
この記事にリンクする:
Trackback
この記事にトラックバックする:
Communication
Mail

何かご意見等ありましたら、
お気軽にどうぞ。

*印は必須項目


Recent Comments
無題
まるちょこ サマ at Apr 06. 2011
⇒ Response at Apr 15. 2011

気づきましたよ~
Сатоко(カエルスキー) サマ at Mar 15. 2011
⇒ Response at Mar 16. 2011

無題
李徴 サマ at May 21. 2009
⇒ Response at May 22. 2009

ヽ(*'0'*)ツ
baby サマ at Feb 20. 2009
⇒ Response at Feb 25. 2009

あれ?
baby サマ at Feb 19. 2009
⇒ Response at Feb 20. 2009

無題
河(35) サマ at Feb 14. 2009
⇒ Response at Feb 17. 2009

無題
babyters サマ at Jan 09. 2009
⇒ Response at Jan 04. 2009

無題
ろぜりあ サマ at Dec 21. 2008
⇒ Response at Dec 24. 2008

無題
まるちょこ サマ at Dec 19. 2008
⇒ Response at Dec 24. 2008

ご無沙汰してます♪
babytears サマ at Dec 07. 2008
⇒ Response at Dec 08. 2008

Recent TrackBacks
カラオケのお話。
from:mokari.boo.jp journal on Nov 10. 2007

Profile



名前 しら

性別 女子

遊び場 イチゴ・ニクキュウ(ニコッとタウン)

ギャラリー 画廊(不定期更新)

こんなアタシ



アタシのもすかうなサイト

『もすかう』からDschinghis Khanにはまった人に聞く50の質問


古い日記

ヤプログ『はち密』


アタシの性格


けっこう当ってるかも。
相性占いもやってみてNe?



ブログランキング・にほんブログ村へ
参加してみました。



はち密バナー

ブログ名: はち密
URL: http://silla.blog.shinobi.jp/

当ブログはリンクフリーです。
怪しいサイトでなければ、
リンクの報告は必要ないですよ。
☆テキストでもバナーでも、ご自由に。

★バナーはDLしてご使用ください。
★相互リンクはお気軽に。
  BBSやメール、コメント欄にてどうぞ。



QRコード